東京土建中野支部
〒165-0024 中野区松が丘 1-8-4
TEL:03-3388-5441 FAX:03-3319-1446
仕事確保、経営相談、賃金アップ、社会保険未加入問題、労災など、建設業界のお悩みご相談は東京土建一般労働組合中野支部へお任せ下さい。
HOME > ごあいさつ

ごあいさつ

 東京土建は、戦後の焼け野原の中で誕生しました。国の復興のため、その中心となる建設労働者が「労務加配米」を得るために結成したものです。
 1947年(昭和22年)1月15日、下谷公会堂で東京土木建築労働組合が結成されました。これが東京土建の前身組織です。
 1948年(昭和23年)10月6日、西部建設自由労働組合と合同大会を開催。東京土建一般労働組合は、ここで正式に結成されました。この年、中野支部の前身である西部支部(中野、新宿、杉並)が150人で結成され、400人を超える組織となった1949年(昭和24年)10月、杉並支部が独立。日雇健保が施行された1954年(昭和29年)1月15日、淀橋支部(現新宿支部)が独立し、現在の中野支部が誕生しました。
 当時250人だった組織人員は、現在4600人超。20倍近くにもなりました。東京土建全体でも11万人以上にのぼり、地域と業界に一定の影響力をもつまでに成長しています。 
 業務も、安心して生活できる東京土建国保や組合総合共済、仕事に欠かせない労災保険や建設業許可、資格講習など、幅広く行っています。賃金や工事代金の不払いや、昨今問題化している社会保険(健康保険、年金保険)の件も、東京土建なら万全の体制で対応。60年の歴史、そしてスケールメリットが、運動と業務をさらに充実させています。「こんなときにどうすれば…?」の声に、東京土建ならきっと応えられるはず。あなたも、ぜひ東京土建へ。

プライバシーポリシー
MAP
RSS